追放者食堂へようこそ!【漫画9話】「追放奴隷と陰謀の法廷Ⅱ」のネタバレ&感想

追放者食堂へようこそ!【漫画9話】のネタバレと感想

追放者食堂へようこそ!【漫画9話】「追放奴隷と陰謀の法廷Ⅱ」のネタバレ

翌日、王立裁判所で

アトリエがワークスタット家の

正統な跡継ぎかどうか?

の審議が始まった。

追放者食堂へようこそ!(漫画)9話のネタバレ「法廷の大半がグルでアトリエが嵌められたけど結果オーライ?」

注射器の恐怖、再び

裁判でアトリエの血を確認するため

再び採血する事となったアトリエは

前日に引き続き注射器の恐怖に怯えていた。

アトリエちゃん、今回の採血は

我慢して超頑張っていました

裏切りのスティーブンス

アトリエの血を魔道具にかける時

不正を防ぐためにくじ引きを行った。

こうしてくじに当たったのは

元執事長のスティーブンスである。

そして魔道具が示した結果は

まさかの不一致だった。

理由はスティーブンスの裏切り・・・

この男、自らの血をアトリエの血と混ぜて

魔道具に投入していたのだ。

ここで元執事長スティーブンスが

まさかの裏切りです!

怒りのデニス

法廷にいるほとんどがグルだった。

全てを見抜いたデニスは怒りに打ち震えた。

地獄の底まで追放した小さな女の子を

わざわざ引っ張りだし

よってたかって傷つける行為にデニスは怒り狂う

全員焼き払ってやるとばかりに

デニスは「炎の鉄槌」を発動させた。

しかしビビアが必死で止めに入る。

「デニスさんが捕まったら」

「アトリエちゃんはどうなるんだ!」

そのセリフにデニスは冷静さを取り戻した。

法廷の大半がアトリエを嵌めるために

集められた人達とかヒド過ぎです!

知識の邸宅

「俺が間違っていたんだ」

王都にアトリエを連れてきた事を悔やむデニス。

一応、アトリエには知識の邸宅が相続された。

知識の邸宅は、かなりのボロ屋敷だが

世界遺産レベルの魔道書が保存されてたのだ。

このお宝達をどうするか?

デニスがアトリエに訪ねると

「食堂の本棚に置く」

「注文を待っている間に」

「みんな読めるように」

というスゴイ応えが返ってきた。

世界遺産レベルの書物を食堂の本棚に置くとか

言い出したアトリエちゃんにビックリです

追放者食堂へようこそ!【漫画9話】「追放奴隷と陰謀の法廷Ⅱ」の感想

追放者食堂へようこそ!(漫画)9話の感想「ジョゼフ・ワークスタットが卑怯者過ぎてヤバかった」

追放者食堂へようこそ!【漫画9話】は

「追放奴隷と陰謀の法廷Ⅱ」でした。

前回の続きですが

法廷の連中がよってたかって

アトリエを攻める様子最悪でした。

デニスが怒り狂う気持ちがわかる

アトリエを迎えに来た元執事長のスティーブンス。

こいつが思いっきり裏切っていました。

それどころか法廷の大半がグルという

ヒドい状況でアトリエを攻めまくりです。

当然、デニスは怒り狂いますが

この気持ちは読んでいてヤバいくらいわかりました。

これはデニスじゃなくても怒り狂います!

何気にビビアが頑張った

怒り狂うデニスが炎系のスキルを発動。

そのままじゃ法廷の騎士達が死んじゃいます。

こうなるとデニスは王国に捕まり

アトリエはひとりぼっちです。

そこで炎を纏ったデニスに

まさかのビビアが抱きつき止めようとしました。

うん、ビビアくん、弱いのに勇気がありますね。

この頑張りがアトリエとデニスを救ったと思いました。

ビビアくんが身体を張って頑張ったと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました