オレと邪神と魔法使いの女の子8話「中野宮子と火神ユタ=ルス」のネタバレ&感想

オレと邪神と魔法使いの女の子8話のネタバレと感想

オレと邪神と魔法使いの女の子8話「中野宮子と火神ユタ=ルス」のネタバレ

金髪少女の中野宮子はご機嫌ナナメだった。

その理由は師匠が希望通りじゃなかったからだ。

宮子はカリヤを師匠に希望していた。

だが、マリア先生に決まったのである。

不機嫌な宮子はマリアを同調(シンクロ)で

パッサパサに乾燥させてしまった。

そのまま立ち去った宮子は

カリヤとシオンを木の陰からストーキングである。

中野宮子ちゃんの名前を逆から

漢字で読んじゃ駄目ですよ

オレと邪神と魔法使いの女の子8話のネタバレ「金髪ロリがカリヤ先生を熱く攻めた結果、逆にコントロールされるお話」

宮子の中には火神ユタがいた

中野宮子の中には火神ユタがいる。

そのせいで宮子は天才魔法使いと呼ばれていた。

そんな金髪天才魔法使いの少女は

憧れのカリヤの弟子になりたかったのだ。

カリヤ先生って宮子ちゃんだけでなく

女子生徒からの評価高いですよね

姫系金髪少女は熱すぎた

こっそりカリヤ先生を見ていた中野宮子。

この姫系金髪少女はカリヤに同調(シンクロ)を求めた。

カリヤの手を取った瞬間

宮子は熱すぎるマナをカリヤにブチ込む。

だが、カリヤは手の火傷を回復しながら

宮子のマナをコントロールした。

カリヤ先生は何気に超強いのです

深夜、ゴミ漁りをするシオン

深夜、学園内のゴミ廃棄場に来たシオン。

まさかのゴミ漁りである。

理由は、対宮子用装備の開発。

カリヤ先生を狙う宮子と

シオンは戦う気マンマンだった。

シオンちゃんは宮子ちゃんと

戦う準備を始めました

オレと邪神と魔法使いの女の子8話「中野宮子と火神ユタ=ルス」の感想

オレと邪神と魔法使いの女の子8話の感想「ジト目金髪ロリの中野宮子ちゃんのやる事が怖いけどカワイイ件」

オレと邪神と魔法使いの女の子8話は

「中野宮子と火神ユタ=ルス」でした。

ジト目系金髪ロリ宮子ちゃん

今回は火神ユタ=ルスを宿した女の子

中野宮子ちゃんが登場しました。

はい、めっちゃジト目系金髪ロリです。

初っ端からすっごく不機嫌なのもイイ感じ。

でも、この子もカリヤ先生に憧れています。

うん、カリヤ先生、羨まし過ぎです。

宮子ちゃんのジト目で見られたい!
何て思う私は変なのでしょうか?

宮子ちゃんと同調するカリヤ先生がスゴい

カリヤ先生と同調(シンクロ)する宮子ちゃん。

右手を差し出すシーンはカワイイです。

ただし、直後ヤバい事になりますがw

カリヤ先生とシオンちゃんを

溶かす勢いのマナをぶっ放す宮子ちゃん。

普通の魔法使いなら

パッサパサに干からびるレベルのパワーです。

それをサクッと抑えるカリヤ先生

マジでスゴい人でした。

何だかんだでカリヤ先生は強いと思われます

▼半額以下で読む▼
この漫画をお得に読む方法を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました