オレと邪神と魔法使いの女の子7話「シオンちゃん、魔法処女を捨てる」のネタバレ&感想

オレと邪神と魔法使いの女の子7話のネタバレと感想

オレと邪神と魔法使いの女の子7話「シオンちゃん、魔法処女を捨てる」のネタバレ

魔法が使えないシオンに

カリヤ先生は鍵がかかった箱を差し出した。

開錠(アンロック)の魔法の実践練習である。

「今日こそシオンは魔法処女を捨てるっ」

形はどうであれシオンちゃんはやる気だ。

しかし「スカ」という音と共に失敗。

魔法が発動しない理由は

シオン自身に開錠の魔法は必要がないかららしい。

直後、シオンは魔法無しで箱を開錠してみせた。

魔法処女を捨てるとか言い出した

シオンちゃんは気合い充分!

オレと邪神と魔法使いの女の子7話のネタバレ「シオンちゃん、ピッキング失敗からの初めての魔法」

開錠の魔法なんて必要なし?

カリヤ先生は、弟子のシオンを指導中。

この日は実際に魔法を使う事となった。

という訳で、鍵が掛かった箱の開錠である。

気合いで開錠の魔法を使うシオン。

だが、全く魔法が発動する気配がない。

で、シオンは開錠の魔法なんて必要ないと言う。

シオンちゃんには開錠の魔法は

必要ないってどういう意味でしょうか?

ピッキング少女シオン

ピッキンググッズを取りだしたシオンは

箱の鍵穴を攻め立てた。

するとすぐに箱は開いてしまう。

この技術でピッキング少女シオン

カリヤの部屋に侵入しまくっていたのだ。

シオンちゃんの場合、普通の鍵なら

物理の力で開錠出来ちゃうみたいです

カリヤがピッキング対策した結果

そんなワケでカリヤは自室の鍵を取り替えた。

シオンのピッキング対策である。

一応効果は抜群だった。

あっさりとシオンはピッキングに失敗

しかしこれを先生からの試練と勘違い。

開錠の魔法に再度挑戦したシオンは

遂に魔法処女を捨てる事に成功した。

ピッキング失敗したシオンちゃんは

気合いで開錠の魔法に成功しちゃいます

オレと邪神と魔法使いの女の子7話「シオンちゃん、魔法処女を捨てる」の感想

オレと邪神と魔法使いの女の子7話の感想「幼妻の不法侵入無制限化の流れがヤバい!」

オレと邪神と魔法使いの女の子7話は

「シオンちゃん、魔法処女を捨てる」でした。

魔法処女のシオンちゃんの逆ギレがイイ

シオンちゃん、魔法処女とか普通に口走ってます。

これには邪神もカリヤも私もビックリです。

あと逆ギレしたシオンちゃんが笑えました。

ピッキングで先生の部屋に入りまくり

勝手に掃除しまくっていたシオンちゃんは

普通なら先生に怒られますよね?

でも何故かカリヤ先生が怒られる謎展開です。

不法侵入しまくっていたシオンちゃんに

何故か怒られるカリヤ先生が可哀想かも

シオンちゃんの初魔法の発動理由がヤバい

そして初めて魔法が使えた理由もスゴいです。

「カリヤ先生の部屋にどうしても入りたい」

その「ヤバい思い」

シオンちゃんに奇跡を起こしました。

どう見ても不法侵入ですw

シオンちゃんの魔法が初めて

発動した理由がヤバいです

幼妻の不法侵入なのに喜ぶカリヤ先生

まるで幼妻のような姿で

カリヤの部屋で待機していたシオンちゃん。

やってる事は怖いけど

見た目は、めっちゃカワイイです。

こんな幼妻の不法侵入とか普通は通報案件のはず。

でも何故かカリヤ先生が喜び

感動のあまり泣きながらシオンちゃんを抱っこw

まさかのお祝い展開になっちゃいました。

うん、シオンちゃん、マジ策士です。

カリヤ先生、不法侵入の事を

すっかり忘れていますw

▼半額以下で読む▼
この漫画をお得に読む方法を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました