公女殿下の家庭教師(漫画)第8話のネタバレ&感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話のネタバレと感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話のネタバレ

書庫で多くの本を読み続けるアレン。

理由は魔法が使えないティナをどうにかしたいからである。

だがアレンは、決め手がないまま書庫を後にした。

そこに見回り中のエリーとバッタリ会う。

そして何故かエリーの自室へアレンは招かれてしまった。

深夜に2人きりの状況である。

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話のネタバレ「2人きりの深夜、エリーが積極的にアレンに迫っているようないないような・・・」

「エリーさん」はイヤ

夜遅く自室に男を招く行為を

エリーに注意しようとするアレン。

そこでアレンは、いつもの呼び捨てではなく

「エリーさん」と呼んでしまう。

すると、ちょっとキレ気味になったエリーは

嘘泣きしながら呼び捨てを強要。

アレンはやむを得ず「エリー」と呼んだ。

アレン先生に呼び捨てされたい

エリーが何かスゴイです

お部屋に行ってもいいですか?

アレンは夜更けに男(自分)を

自室に招いたエリーを注意した。

だが、どういう訳かエリーは

怖い夜だったらアレン先生の部屋に

行ってもいいか逆質問を開始。

しかも目を「うるうる」させていた。

こんなの反則である。

やむを得ずアレンは怖い夜限定で

自室へ来る事を許可してしまった。

これで夜怖くなったらエリーが

アレン先生の部屋に来る事が決定!

積極果敢なエリー

エリーはアレンに自分の話を始めた。

幼い頃に両親を失ったエリーは

ハワード家に引き取られた。

そこでエリーの後を

一生懸命にくっついてくる小さな少女と出会う。

この小さな女の子がティナである。

そして昔話のドサクサで

アレン先生に抱きつくエリー

割と積極的だった。

さらにエリーは、もしティナと

一緒に王立学校に入学できたら

先生から抱きしめて欲しいと言い放つ。

勇気を出して積極果敢にアレンに迫るエリー。

しかし、軽くかわされてしまった。

勇気を出して一生懸命アレン先生に迫る

エリーはサクッとかわされちゃいます

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話の感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話の感想「アレン先生に近付きまくるエリーがカワイイ」

公女殿下の家庭教師(漫画)第8話は

深夜、自室にアレン先生を招いちゃう

エリーちゃんのお話でした。

表情がコロコロ変わるエリーがイイ

自室でアレン先生と2人きりになったエリーは

やたら表情がコロコロ変わるんですよね。

嘘泣きだったりニコニコしたり

目をうるうるさせたり

なでなでされてボーッとしてみたり

どのエリーも、ぶっちゃけカワイイです。

エリーちゃんの表情を見ているだけで

激しい萌えを感じる事が出来ました

抱きしめ要求なエリーちゃん、カワイイ

アレン先生に自らの昔話をしたり

逆に勇気づけられたりしたエリーは

勇気を出してアレン先生に

隙あらば「くっつき」にかかっていました。

その上、セリフを噛みながら

抱きしめ要求しちゃいますw

うん、とてもカワイイです。

肝心な所でセリフを噛んじゃうエリーちゃんが

ヤバいくらい可愛く思えました!

公女殿下の家庭教師を
▼半額やお得に読むには?▼

この漫画をお得に読む方法を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました