公女殿下の家庭教師(漫画)第6話のネタバレ&感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話のネタバレと感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話のネタバレ

アレンはリディヤに宛てた手紙を執筆中。

手紙の内容は

王宮魔法士試験に落ちた事

ティナとエリーの家庭教師中という報告だ。

そして、次の日も

エリーとティナの授業である。

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話のネタバレ「使い魔のアンコさん(黒猫)をなでなでする授業」

使い魔のアンコさん

エリーはアレンと手を重ねて

黒い猫を撫でていた。

この猫は教授の使い魔アンコさんである。

2人が手を重ねている理由は

使い魔の「闇」を感じる練習なのだ。

だがアンコさんは、どう見ても

使い魔と言うより普通に可愛い黒猫だった。

超カワイイメイドさんとお手々繋ぐ

羨ましすぎる授業です

ティナがご立腹の理由

エリーとアレンが手を重ねている姿を見て

ティナは激しくご立腹だ。

エリーが紛らわしい声を出すから

イチャ付いているようにしか見えない。

しかもエリーが

「もっと頭を撫でて欲しいです」

なんてセリフを発するから

火に油を注ぐようなものである。

端から見るとアレン先生とエリーが

ただイチャ付いてるだけっぽいです

子猫型アンコさん?

アンコさんで闇を体感したティナとエリーは

早速、闇の術式を発動させる練習に入った。

だが、2人とも魔法が発動しない。

アレンは2人を慰める意味合いで

子猫型アンコさんを2つ作成した。

どう見ても、超カワイイ普通の子猫である。

ティナとエリーは大喜びだ。

こうして子猫型アンコさんを

抱っこしたまま2人はアレンの授業を受けた。

落ち込んだティナとエリーは子猫抱っこで

即復活とか何気にチョロい?

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話の感想

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話の感想「もっと撫でて欲しいエリーと嫉妬するティナがカワイイ」

公女殿下の家庭教師(漫画)第6話は

教授の使い魔アンコさんを撫でて

闇を感じる授業でした。

エリーの手に触れまくるの授業

アレン先生はエリーの手に

自らの手を重ねて黒猫を撫でていました。

エリーちゃんの手に触れまくる授業ですw

って、まあ使い魔のアンコさんに触れていただけですが・・・

美少女メイドの手に触れまくりで

普通に授業になるとか羨まし過ぎでした。

こんな事をナチュラルにやっちゃうから

アレン先生は年下殺しとか言われるんでしょうね

ティナの嫉妬が可愛い

エリーとアレンのイチャイチャ授業

側で見ていたティナちゃんは

とてもお怒りモードです。

ティナは自分も

アレン先生とイチャ付きたいから

嫉妬しまくっているんですね。

何かめっちゃ可愛いんですけどw

エリーに嫉妬しまくるティナちゃんが

ヤバいくらい可愛いと思います!

子猫抱っこでニコニコなティナ&エリー

闇の術式を発動させる事が

出来なかったティナ&エリーは

とても落ち込んじゃいます。

でも、アレン先生は

ポンッと子猫を出してきます。

使い魔アンコさんの子猫バージョンです。

可愛い子猫を抱っこして

ティナとエリーは、すぐニコニコしていました。

超美少女2人が子猫抱っことか最高かよ

何て思いながら楽しく読めた第6話でした。

微ロリ系超美少女2人が嬉しそうに子猫を

抱っこする様子は「ぶっちゃけ最高」です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました