放課後ていぼう日誌【れぽーと07.マゴチ】のネタバレ&感想

放課後ていぼう日誌 れぽーと07ネタバレ&感想

陽渚ちゃんは、ようやくマゴチが割とゴツい魚だと知りました。

そして大きな魚が怖くて触れないと泣き叫びます。

まあ、予想通りの展開ですね。

こうして陽渚ちゃんと部活仲間達のマゴチ釣りが始まりました。

そんな訳で、「放課後ていぼう日誌れぽーと07.マゴチ」を読んでいきます。

今回は大きなマゴチと陽渚ちゃんが真っ向勝負です!

放課後ていぼう日誌【れぽーと07.マゴチ】のネタバレ

全く荒れていない静かな海。

そこでソフトベイトを投げる陽渚。

だが、彼女の足下には、海藻とゴミが増えるだけであった。

なつみ&大野先輩は場所を変えまくって釣るスタイルで浜辺を走り回っている模様。

部長と陽渚は、のんびりと1カ所に止まっての釣りである。

しかし、全員全くアタリはなし

部長のアドバイス通りに頑張る陽渚だったが・・・

静かな海でマゴチ釣りをする女子高生達

静かな海の浜辺でマゴチ釣りと言うなの竿振り運動をする女子高生達。

全く釣れない場合は、ただの疲れる運動である。

海底に落ちたゴミや海藻ばかり釣り上げる陽渚。

彼女は、そろそろ飽きかけていた。

釣りに慣れている部長は全く慌てていない。

逆になつみや大野先輩はアクティブに浜辺を釣り歩いていた。

ルアー釣りは釣れなかったら、ただの疲れる運動になっちゃいます

部長のアドバイスで陽渚覚醒?

全くマゴチが釣れる気配が無くゴミ釣りモードの陽渚。

そんな後輩に部長がアドバイスを送った。

ルアーのアクションをよりリアルにしろという感じである。

釣り初心者の陽渚だったが、割と素直にそれを実行。

陽渚は手先が敏感な手芸少女だけに感覚は鋭かった。

海底の様子を竿の感覚だけで理解する初心者陽渚

何気にスゴイ事をしている。

彼女は、海中のソフトベイトの動きを感じ取り、本物の小魚ぽく動かしていた。

部長のアドバイスで陽渚が覚醒したのかも・・・?

放課後ていぼう日誌【れぽーと07.マゴチ】の感想

そんな訳でマゴチ実釣回です。

いきなり陽渚ちゃんが、いっぱい海藻とゴミを釣り上げていました。

うん、この辺は釣りをわかっている人が描いているのだろうなと思います。

実際、底を引き釣る系のルアーとか、根掛かり祭りですからね。

そんなリアリティ溢れる出だしで、個人的には良かったです。

しかし絵面がスゴいですね。

学校帰りの制服女子が浜辺でルアー投げて、足下に海藻とゴミが山盛りですよ

浜辺でルアーを撃っては移動する制服JKとか

もしリアルで見る事が出来たら奇跡ですよ!

こんなの三次元では、まずお目にかかれないでしょうね。

そしてラン&ガンするなつみちゃんと大野先輩w

砂浜をラン&ガンする女子高生とか、もし現実で発見したら奇跡です。

あと、陽渚ちゃんが、何気に釣りの素質がありそうな点も見逃せません。

手先の器用さとか敏感さは、釣りには応用しまくれますからね。

特に部長のアドバイスからのルアーアクションには驚きました。

そしてオチも自然な感じで、とても楽しく読めたと思います。

こんなJKとマゴチ釣りがしたくなる放課後ていぼう日誌「れぽーと07.マゴチ」でした。

放課後ていぼう日誌を
▼無料や半額で読む▼

この漫画をお得に読む方法を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました