放課後ていぼう日誌【れぽーと34】「ショックリーダー」のネタバレ&感想

放課後ていぼう日誌れぽーと34ネタバレ&感想

放課後ていぼう日誌【れぽーと34】「ショックリーダー」のネタバレ

朝から干潮の海に降り立った夏海。

前日無くした手作りルアーの回収である。

そしてバイトを終えて夕方。

夏海はリールのお手入れを始めた。

PEラインを使う夏海。

ボロボロになったショックリーダーを替えるのだ。

道糸について何も知らない陽渚。

そんな訳で大野先輩の詳しい解説である。

こうして道糸(ライン)についてわかった陽渚。

とりあえずナイロンとPEの投げ比べに堤防へ出た。

勿論、シーバスを釣りたい夏海も一緒である。

陽渚ちゃんは初めてナイロンとPEのラインで投げ比べです

放課後ていぼう日誌れぽーと34のネタバレと感想を紹介「陽渚ちゃんがリールに巻く道糸についてお勉強するお話」

再び干潮時にルアー回収

前の日の夕方、いきなり根掛かりさせたルアー

それを回収するために朝から堤防へ来たのが陽渚と夏海である。

しかし陽渚は危ないので夏海1人で回収完了。

という訳で、2人はバイト先へ急いだ。

バイトの後は部室でリールとライン弄りです

夏海はPEライン

普段からシーバス狙いで投げまくっている夏海。

そんな彼女が愛用する道糸はPEラインである。

当然、陽渚はラインに種類があるなんて知らない。

そこで大野先輩の詳しい解説が入った。

ナイロン、フロロカーボン、PE・・・

それらの特性を学んだ陽渚だが

どうもピンとこない模様。

釣り糸の違いがよくわからない陽渚ちゃんは

実際に投げて比べてみる事になりました

ナイロンとPE投げ比べ

そんな訳でナイロンラインとPEラインで投げ比べとなった。

夏海と陽渚は堤防へ向かう。

先輩達は近所の日用品店「きくや」へ移動した。

陽渚は、まずナイロンでメタルジグを投げる。

そしてワンピッチジャークで巻いてきた。

次にPEラインで同じアクションだ。

ルアーはやたら飛んでいった。

さらに水中の感覚がヤバいくらい伝わってくる。

陽渚は速攻でPEラインを巻きたくなってしまった。

PEラインって絡まりやすいんですよ

でも陽渚ちゃんにはご褒美かもw

放課後ていぼう日誌【れぽーと34】「ショックリーダー」の感想

放課後ていぼう日誌れぽーと34ショックリーダーの感想「ナイロンとPEラインの投げ比べする可愛いJKなんて実在するのだろうか?」

放課後ていぼう日誌れぽーと34は、ショックリーダーのお話でした。

まずは干潮の海に降りる夏海ちゃんです。

スパッツ姿がかわいい。

そしてPEラインのお話に突入。

陽渚ちゃんにショックリーダーの解説からですね。

それがやたらわかりやすかったです。

特にPEとリーダーの結び方!

ラインをパクッとする夏海ちゃんがイイ感じでした。

で、実際にキャストしに堤防へ・・・

先行する釣り人にご挨拶する夏海ちゃん。素晴らしいです。

それで陽渚ちゃんの投げ比べとなります。

PEラインの感度の良さを体験しちゃうわけですね。

はい、即座にPEが欲しくなる陽渚ちゃん。

マジでちょろい子かもw

夏海ちゃんのスパッツ姿

初っ端で登場するスパッツ姿の夏海ちゃん。

猫シャツとの組み合わせがかわいいです。

それでいて足場が悪い海の底へサクッと降りています。

そのギャップがじわじわ萌えました。

猫シャツ+スパッツの夏海ちゃん、かわいい

ショックリーダーの結び方がわかりやすい

今回はPEラインのお話でした。

だからショックリーダーは必須。

それらを繋ぐ結び方も詳しく解説されていました。

と言うか、ヤバいくらい結び方がわかりやすい!

夏海ちゃんのパクッからのライターとか

リアル志向で素晴らしかったです。

ちっちゃカワイイ女の子がガチな釣り師の

動きをするとギャップ萌えがヤバいです

しっかり挨拶する夏海ちゃん

釣りに行って先行者の側を通る時。

挨拶するのがマナーです。

夏海ちゃんは、しっかり挨拶していました。

と言うか、こんな可愛い子達に挨拶されるんですよ。

それを嫌がるおっさんはいませんw

私なら1日気分が良くなるレベルです。

カワイイJKに釣り場で挨拶されて

嫌がるおっさん釣り師はいません!

すぐPEが欲しくなる陽渚ちゃん、ちょろかわいい

いつものへっぴり腰でキャストする陽渚ちゃん。

ナイロンラインとPEラインの投げ比べです。

飛距離、感度共にPEってスゴイと理解した陽渚ちゃん。

割とすぐにPEラインが欲しくなっちゃっていましたw

ちょろかわいい陽渚ちゃん、最高です。

正直、PEラインが絡まりまくった時の

陽渚ちゃんが見てみたいです

放課後ていぼう日誌を
▼無料や半額で読む▼

この漫画をお得に読む方法を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました